生薬

漢方
身近な生薬:陳皮(ちんぴ)New!!

日本で冬に最も食べられる果物といえば、温州みかんですね。 このみかんの皮、ほとんど捨てられていると思いますが、乾燥させれば「陳皮(ちんぴ)」という生薬になります。 今回は陳皮について少し書きたいと思います。 陳皮はみかん […]

雑記
身近な生薬:車前子(オオバコの種)

5月の連休中、雨上がりに近所の公園を通るとオオバコがあちこちに生えていました。 オオバコは生薬として使用され、オオバコの全草は車前草(しゃぜんそう)、種は車前子(しゃぜんし)と呼ばれます。 とくに後者の車前子は色々な漢方 […]

漢方
身近な生薬:神麴(シンキク)

生薬にはこんなものまで使っているの?と驚かされるものがたくさんあります。 その一つに神麴(読み:しんきく。神曲とも書く)という生薬があります。 神麴(しんきく)とは 神麴は、中国では小麦粉と小麦ふすま(麸)に、何種類かの […]

雑記
身近な生薬:葛(クズ)

葛(クズ)は、つる植物で3枚の葉っぱが特徴です。 茂みなどあちこちで目にすることができます。 私の家の近くでも生い茂っています。 今月(9月)、ふと見ると赤い花を咲かせていました。 意外にも、繁殖力旺盛なことから外国では […]

雑記
身近な生薬:スベリヒユ(馬歯莧)

数年前から我が家の軒先にスベリヒユが自生します。今年も育っていました。 どこから種が来たのか分かりませんが毎年初夏になると勝手に生えだします。 一昔前はただの雑草と思ってすぐ駆除していましたが、この植物が生薬だということ […]

雑記
身近な生薬:道端にドクダミ(十薬)

家の近くを歩いていると側溝にドクダミが花を咲かせていました。ちょうど今の時期5-6月頃が開花時期です。ドクダミは湿地で良く見られます。側溝でも育つ位なので繁殖力はかなり高いようです。 日本では民間薬としてドクダミ茶などに […]