桂皮、シナモン、ニッキの違い

桂皮(ケイヒ)は、桂枝湯や葛根湯など様々な漢方薬に使われています。

お客様に漢方薬を説明する際、味などをイメージしやすいので「こちらの漢方薬はシナモン※を含んでいます」と説明することも多いですが、実は厳密には桂皮とシナモンには違いがあります。

また八つ橋の名前に付けられている使われるニッキもシナモンと同じような扱いを受けていますがこちらも厳密には違いがあります。

ここでは桂皮・シナモン・ニッキの違いについてまとめてみたいと思います。

目次

シナモンの定義

違いを説明する前に、本記事ではシナモンを「セイロンニッケイから採れる香辛料」と定義しておきます。

シナモンには次の2つの意味で使われることがあるためです。

①セイロンニッケイから採れる香辛料(狭義のシナモン)←本記事

②桂皮・シナモン・ニッキをまとめて呼ぶ場合(広義のシナモン)←一般的

シナモン【cinnamon】
読み方:しなもん

1 クスノキ科の常緑高木。樹皮や精油に甘い芳香があり、香辛料として利用される。セイロン島の原産。セイロン肉桂。

2 香辛料の一。1の幹や根の表皮を乾かしたもの。独特の甘味と辛味とがある。

デジタル大辞泉 小学館

大きな3つの違い

では桂皮、シナモン、ニッキの違いについて説明していきます。

大きく3つの違いがあります。

①基原植物

桂皮・シナモン・ニッキの基原植物(原料のもととなる植物)は、いずれもクスノキ科ニッケイ属の植物で、親戚関係です。

そのため似ているところが多いのですが、それぞれ明確に別の植物として分類されています。

②産地

産地にも違いがあり、桂皮は中国・ベトナム、シナモンはスリランカ・インドなど、ニッキは日本が主な産地になっています。

③採れる部位

桂皮とシナモンは樹皮、ニッキは根皮から採られように、採取部位の違いがあります。

以上のような違いがあるため、味や香りもやや異なります。

次にそれぞれについてもう少し細かく見ていきます。

桂皮=カシア(シナニッケイ、トンキンニッケイ)の樹皮

桂皮(カシアの樹皮)を刻んだもの

漢方薬で使われる「桂皮(ケイヒ)」は、「Cinnamomum cassia J. Presl (Lauraceae)の樹皮または周皮の一部を除いた樹皮」と日本薬局方に定められています。

ケイヒ
Cinnamon Bark
CINNAMOMI CORTEX
桂皮
本品はCinnamomum cassia J. Presl (Lauraceae)の樹皮
又は周皮の一部を除いた樹皮である.

第十八改正日本薬局方より

「Cassia」という言葉が入っている通り、桂皮はカシアと呼ばれる植物の樹皮です。

日本国内で医薬品として認められるために日本薬局方の基準をクリアする必要があるため、漢方薬に使えるのはカシアだけです。

カシアは日本名でシナニッケイ、トンキンニッケイ、ケイとも呼ばれます。中国では肉桂や桂木と呼びます。

桂皮は辛味と甘味を持ち精油成分が豊富です。

国内で使われる桂皮のほとんどは、中国やベトナムで栽培されたものを輸入して使用しています。

とくにベトナム産は中国産よりも精油量を豊富に含み香りや辛味が強いとされています。そのため当店はベトナム桂皮を採用しています。

なお桂皮は食品としても流通しており、その香りの強さからカレーなどのスパイスに使われることもあります。また比較的安価なため、シナモンとニッキの代わりに使われていることが多いようです。

桂皮=カシア(シナニッケイ、トンキンニッケイ、ケイ)
(中国では肉桂と呼ぶ)

シナモン=セイロンニッケイの樹皮

シナモンスティック(セイロンニッケイ)

「シナモン」は、セイロンニッケイ(Cinnamomi verum)の樹皮です。

セイロンニッケイはスリランカ、インド、インドネシアが主な産地です。

上品な香りと爽快な甘味があり、辛味はほとんどないため、紅茶の香りづけやお菓子作り等に用いられます。シナモンスティックとして売られているのもたまに見かけます。

ただ実際は桂皮(カシア)やニッキもまとめてシナモンと呼ばれることも多いです。

また、シナモンとして売られているものにはシナモンスティックよりも安価な桂皮(カシア)が使われていることが多いです。

ちなみに学名の「verum」には「真実の」「本当の」という意味があります。セイロンニッケイこそ真のシナモンという意味が込められているのかもしれません。

シナモン=セイロンニッケイ
ただしカシアやニッケイもシナモンとして扱われることが多い

ニッキ=ニッケイの根皮

ニッキはニッケイ(Cinnamomi sieboldii)という日本の植物の根の皮です。「日本桂皮」「肉桂」とも呼ばれます。

学名の「sieboldii」は、日本植物の研究で有名なシーボルトの名前が由来です。

桂皮とシナモンと異なり、樹皮の皮ではなく根の皮を使います。

ニッケイは関東以西~沖縄で自生しており、和歌山や高知、鹿児島などで生産が行われていましたが、最近は生産が減っています。

昭和20年代には、ニッケイの根の細い部分を集めた「ニッキ」が駄菓子屋で売られ、かむと甘辛いような味と強い香りがただよい、子供たちに喜ばれたそうです。

またニッケイ根皮を乾燥させて粉末にしたものはお菓子や料理に使われます。

なお京都の八つ橋はニッキ味が有名ですが、ある八つ橋の成分を見ると「桂皮末」とあり、現在は流通量の少ないニッキではなく桂皮(カシア)を使っているのが主流のようです。

八つ橋

ニッキ=ニッケイ(日本桂皮・肉桂)の根皮

中国の肉桂と日本の肉桂は異なる

生薬は中国と日本で同じ呼び方でも、違う基原植物を指していることが度々あります。

肉桂もその一つで、上で説明してきた通り、肉桂は、中国では桂皮(カシアの樹皮)、日本ではニッケイを指します。

「肉桂」と書かれていたら中国の肉桂か日本の肉桂か区別が必要です。ちょっとややこしいですね…。

肉桂

中国→桂皮(カシア)

日本→ニッケイ(ニッキ)

桂皮・シナモン・ニッキの違いまとめ

①基原植物の違い
・桂皮⇒カシア
・シナモン⇒セイロンニッケイ。ただし桂皮やニッキをシナモンと称して販売されていることが多い。
・ニッキ⇒日本のニッケイ

②取れる部分の違い
・桂皮、シナモン⇒樹皮
・ニッキ⇒根皮

表にまとめてみるとこんな感じです。

スクロールできます
桂皮シナモンニッキ
基原植物の学名Cinnnamomum
cassia
Cinnnamomum
verum
Cinnnamomum
sieboldii
基原植物名カシア
=シナニッケイ
=トンキンニッケイ
=ケイ
=肉桂(中国)
セイロンニッケイ
(カシアやニッケイが
使われることも多い)
ニッケイ
=日本桂皮
=肉桂(日本)
味や香り甘味と辛味強い上品な香りと甘味甘辛い
使用部位樹皮樹皮根皮
漢方薬に使用××
製菓や料理に使用
カレーなど

紅茶・お菓子

お菓子(昔の八つ橋?)
生産地中国・ベトナムスリランカ、インド
インドネシア
日本

桂皮(カシア)販売しております

お求めやすいように桂皮(カシア)を50g単位で販売しております。

【参考文献】
日本薬草全書(新日本法規出版)
パートナー生薬学(南江堂)
日本漢方生薬製剤協会ホームページ

目次