漢方薬を食前または食間に服用する理由。飲み忘れたら?

漢方薬の服用時間や飲み忘れた時について良く質問を受けます。
ミヂカナ薬局では次のようにお答えしています。

食前・食間の理由≒空腹時に飲んでいただくため

そもそも食前または食間に飲む理由は、漢方薬を空腹時に服用していただくためです。
食前・食間とは次の通りです。

食前・・・食事の30分位前

食間・・・食事と次の食事の間。通常は食事をしてから2-3時間後を指します。

漢方薬を空腹時に服用する理由

ではなぜ空腹時に服用するのでしょうか。
それはなるべく有効成分を適切に吸収すること、相互作用を避けることが目的です。

・漢方薬には未知の成分がたくさんあり、食事との相互作用の影響が無いとは言いきれないため

・西洋薬は食後服用が多く、西洋薬と漢方薬との相互作用を避けるため
 (例:カルシウムを多く含む生薬と一部の抗菌薬)

・一部の漢方薬は腸内細菌によって効果の現れやすい形に変えられるという報告があり、空腹時だと漢方薬がスムーズに腸に移行して効果が表れやすいと考えれるため

・一部の漢方薬の成分の中には、食後に服用することによって逆に吸収が高まってしまい、動悸などの副作用が起きやすくなる可能性があると指摘されている

飲み忘れたら食後でも気づいたときに飲む

当薬局では、もし飲み忘れた場合、食事に関係なく気づいた時に服用していただくようにお伝えしています

次の服用時間はそこから約4時間以上空けていただければ問題ありません(1日3回の薬の場合)。

なぜかというと食後に服用するより服用しないことのデメリットの方が大きいためです。

もし食後に服用することによって、副作用が出やすくなったりする場合はそもそも漢方薬が体質に合っていない可能性があり、薬を見直す必要があります。

食前や食間はどうしても忘れがちですので、1日3回なら大体6時間おきくらい、1日2回なら朝と寝る前というように、時間にしばられずに気楽に考えて継続して服用いただくのが良いと考えています。

浴剤
焙じはとむぎ