肥満・ダイエットに使う漢方薬③:大柴胡湯

ダイエットは食事制限が重要ですが

「なかなか継続できない。ついつい食べてしまう」

このように悩んでいるあなたはストレスが原因かもしれません。

現代社会はカロリーの高い食事とストレスで満ちています。食事制限がうまくいかない場合、ストレスにも注意が必要です。

大柴胡湯はストレスを和らげ排泄を促進しダイエットをサポートします。

目次

ストレス太りで便秘がちの方におすすめ

大柴胡湯をダイエットに使う時のポイントは、「ストレス太り」「便秘がち」です。

漢方ではストレスは胃腸の機能と深い関係があるとされています。

ストレスは胃腸の働きを乱し、過剰な食欲を引きおこしたり逆に食欲が落ちたりすることがあります。

大柴胡湯は次の働きのような働きをします:

ストレスを緩和し胃腸の働きを整え食欲を正常化する

・食べ過ぎによって体の中にたまった余分なものを外に排泄(排便)する

大柴胡湯が合うタイプの特徴

次のうち、とくに1~5が当てはまれば大柴胡湯が合っている可能性が高いです。

大柴胡湯タイプの特徴
  1. 便秘がち
  2. 体格はがっちりしておりお腹が張っている
  3. イライラしやすい
  4. ストレスでたくさん食べてしまう
  5. 脇腹が張る・痛む・苦しい
  6. 舌の苔が黄色
  7. 口の中が苦い
  8. 肌が色黒

※すべての症状が当てはまるわけではありません

大柴胡湯の適応症(効能・効果)

当薬局で取り扱っている満量処方のモリカンポールン(大柴胡湯)の適応症を例にあげてみます。

体力が充実して、脇腹からみぞおちあたりにかけて苦しく、便秘の傾向があるものの次の諸症:

胃炎、常習便秘、高血圧や肥満に伴う肩こり・頭痛・便秘、神経症、肥満症

モリカンポールン(大柴胡湯)添付文書より

肥満症だけでなく、ストレスに関連する胃炎や神経症などの症状にも効果があります。

また「脇腹からみぞおちあたりにかけて苦しく」の部分は、漢方の言葉で胸脇苦満(きょうきょうくまん)と言い、ストレスが続いている方によくみられる特徴的な症状です。

具体的には、わき腹からみぞおちにかけて違和感を感じたり手で抑えると抵抗がある状態です。

防風通聖散との違い

防風通聖散もがっちりタイプ、便秘がちの方に使うのですが、このような症状に加えて胸脇苦満やストレスによる食欲異常が関係している方は大柴胡湯の方が合っていることが多いです。

飲まない方が良い人

大柴胡湯は大黄や枳実といった外への排泄を促す生薬が含まれています。

そのため次のような方は避ける方が無難です。

・下痢、軟便傾向のある人

・胃腸虚弱な人

・著しく体力が弱っている人

副作用

体質に合った漢方薬を選べば副作用はほとんどありませんが、次の成分を含む漢方薬で副作用が報告されています:

  • 甘草:長期間あるいは多めに摂取すると偽アルドステロン症という症状が出ることがあります。「手足のだるさ」、「しびれ」、「つっぱり感」、「こわばり」、「力が抜ける感じ」、「こむら返り」、「筋肉痛」などの症状が特徴です。
  • 黄芩(おうごん):ごくまれに間質性肺炎の報告があります。咳や発熱などが出ます。

大柴胡湯もこれらの成分を含むため、万一上記のような症状があればいったん中止し、処方元の医師や薬剤師に相談しましょう。

おすすめの大柴胡湯

大柴胡湯の剤型は主に
・エキス剤(粉薬)
・煎じ薬
の2つがあります。

より効果の高いものを求める方は煎じ薬がおすすめですが、エキス剤でも充分効果がありますので通常はさっと飲めるエキス剤が良いでしょう。

満量処方エキス剤(粉薬)

こちらのエキス剤は医療用医薬品と全く同じ成分量・内容で作られている満量処方のためおすすめです。
ドラッグストアやネットで売られている市販の漢方薬は病院で処方してもらう医療用漢方薬よりも、成分量が少なく作られていることが多いためです。

煎じ薬

本来の漢方薬の形、煎じ薬です。
毎日煎じる必要があるため手間がかかりますが、エキス剤よりも効果は良いとされています。

目次