未病を治す

「未病」という言葉をご存じでしょうか。未病とは新たな病気が発生する手前の状態のことです。

中国では古くから治未病(ちみびょう)という考え方があり、新たな病気が発生しないように先回りして予防しておくことが重要視されてきました。
漢方の古典である黄帝内経には、将来起こる病気を予防するのが名医であり、今見えている病気だけを治すのが普通の医者であると書かれています。

現代も、健康寿命や予防医学が医療費抑制の観点からも注目されきているようですが、大昔から漢方にはこの考え方があったのが素晴らしいことだと思います。

病気の予防は、ストレスをためすぎない、適度な運動や睡眠、バランスよい食事、ワクチンによる病気予防などがあります。

加えて、漢方薬で体のバランスを整えたり正気を高めたりすることができます。

当薬局は漢方薬で健康をサポートいたします。ぜひご利用ください。

浴剤
焙じはとむぎ