煎じ薬はハードルが高い、難しいものと思っていませんか?

そんなことはありません。ご家庭の鍋で簡単に作ることができるんです。

もし長く煎じ薬を続けられるのでしたら専用の土瓶や煎じ器がお勧めですすが、最初は鍋で試してみましょう。

また、毎日煎じるのは大変と思われるかもしれませんが、慣れれば思っていたよりも自分で煎じるので飲み忘れしにくくなるというメリットがあります。

煎じ方

準備

  • 煎じる容器
    鍋(鉄製は避ける)、土瓶、煎じ器など
    まずは鍋などご家庭のものから始めてみてください
  • 煎じ薬 1包
  • 水道水(フィルターろ過水可) 400~600mL(できあがりが300ml位になるように適宜調整)
  • タイマー
  • 茶こし(煎じ袋の中身を出して煎じる場合)

鉄やミネラルと薬剤成分が反応して抽出成分量が変化することがあるため、鉄製の鍋やミネラルを多く含んだ水は避けてください。また、pHが抽出量に影響を及ぼす可能性があるためアルカリイオン水も避けてください。

煎じ薬を鍋に投入
煎じ用の水
その
1

煎じる

容器に煎じ薬と水を入れ、強火で火にかけます。

袋を破って中身を取り出しても、パックのままでもどちらでも構いません。パックのままの方が後片付けが楽です。

蓋をするほうが揮発成分が失われにくいです。蓋をする場合は吹きこぼれないように少しずらしてください。

沸騰したらとろ火にし、コトコト30分ほど煎じます。

その
2

できあがり

煎じ終えたらすぐに煎じ薬を容器に移し替えます(中身を出して煎じた場合は茶こしでこします)。煎じカスは、スプーン背などでぎゅっと煎じ液を絞りだしてから捨ててください。

煎じ液を服用回数に分けてコップにそそぎ、人肌程度までさまして服用します。

まとめて保温ポット(水筒)に入れて持ち歩くのもおすすめです。

急須やコップで保管するときは、気温の夏場などでは冷蔵庫に入れてください。冷めた分は電子レンジなどで温めてなおしてください。

煎じ薬を茶こしで濾している
その
3

専用の煎じ道具

鍋だと煎じ薬の匂いが移ったり、着色してしまうことがあります。

それが気になる方や、長く煎じ薬を続けられるのでしたら専用の煎じ器をお勧めします。

土瓶

本格的な日本製の高級耐熱土瓶です。3千円程度で購入できます。

こちらは直火専用です。IHでは使えません。

亀甲土瓶1.5L 緑色 日本製 高級耐熱土瓶 ウチダ和漢薬

マイコン煎じ器

「火を使うのが心配」

「火の調節や時間を測るのが面倒」

と言う方はマイコン煎じ器がおすすめです。

最初に煎じ時間と加熱の強さを設定すれば煎じ加減と時間測定も行ってくれますので楽です。火も使わないので安心です。その分、値段も高めです。

こちらの大手生薬メーカーから販売されている文化楽々(とろびらんらん)は、蓋をしたままの還流式で成分の揮発を防ぐため効率よく煎じられます。

ニューマイコン 漢方煎じ器 文火楽々(とろびらんらん)