兵糧丸(ひょうろうがん)-忍者の携帯栄養保存食

「子供が自由研究で兵糧丸(ひょうろうがん)を作りたいと言っているので、その材料を買いたい」と問い合わせがありました。

「秤量丸?」恥ずかしながら初めて耳にする名前のため聞き返してしまいました。

良く聞くと忍者が作って持ち歩いていた保存食とのことです。

その中には生薬が何種類か含まれており材料となる生薬を欲しいという事でした。

少し調べてみると、兵糧丸は、もち米や米、砂糖にハスの実、人参、山薬、桂心(桂皮)、ヨクイニンといった生薬を加えたものだそうです。

例えば兵糧丸。材料に漢方も含むが、割合は砂糖がほとんど。甘くして全体の味を調え、エネルギーを供給、これにパワフルな生薬を加えている。蓮肉(ハスのみ)や朝鮮人参には疲労回復、山薬(ながいも)には食欲増進の効果がある。桂心(シナモン)には保存薬の役割に加え、鎮痛や血行促進の作用がある。ヨクイニン(はとむぎ)は免疫力を高める。

出所:現代人驚く 忍びのレシピ 日経新聞 2020年1月29日

同じ著者が書かれたこちらの資料には詳しい分量も掲載されていました。
科学から読み解く忍者食~砂糖と生薬の兵糧丸、でん粉と生薬の飢渇丸、口や喉に絞った水渇丸~

ほとんどが砂糖で構成されているみたいです。

それぞれの材料について簡単に解説してみると

  • 人参は大補元気の作用を持つ疲労回復の強い味方
  • ハスの実、山薬は脾胃(胃腸)の働きを助け補腎作用により滋養強壮に良い
  • 人参、ハスの実は安神作用を持ち、気分をリラックスさせる
  • 桂皮は体を温め、ヨクイニンは胃腸の働きを助け余分な体内の水を除く
  • 主原料となる砂糖、もち米、うるち米は補気作用を持つので体を元気づける

まとめると、疲労回復、滋養強壮、リラックス作用を持ったあめ玉でしょうか。

いつでも口にできるように、持ち運びしやすい丸剤にして作られていたようです。

昔も今も携帯食は重宝されていたのですね。

ちなみにお問い合わせをいただいたお客様は、粉にする手間がかかることや予算と必要性を含めて検討した結果、一部の材料だけ買われていきました。

イメージです
浴剤
焙じはとむぎ