〔事例28〕注意散漫、倦怠感

30代女性

9月来局

主訴:注意散漫、倦怠感、PMS

今年2月に転職し、4月頃から単純な事務作業を間違えることがありうつ症状を上司から指摘された。

むくみやすい、めまい起こることあり、肩こり、やや便固め、経血量は多くなったり少なったりする、月経痛は温めると楽になる、月経周期正常

舌証:胖大舌、淡い紫舌、やや歯痕、滑苔

西洋薬の前にまず漢方薬を試してみたいとのこと。

上記の情報から、気虚、気滞、陽虚寒凝が考えられ、漢方薬2種類を合わせてお渡ししました。

1週間後
「なんとなくクヨクヨしなくなった」

2週間後
「焦りが減った。ミスも無い。倦怠感も楽になった気がする」「便はまだ固め」
腸を潤して便を出しやすくする漢方薬を寝る前に追加。

その後も症状に合わせて漢方を調整。

3か月後
めまいや頭痛はたまに起こるものの、精神的や倦怠感な症状はもう大丈夫とのこと。

  • 体質や症状の程度により、使用する漢方薬や症状改善までの時間には個人差がございます
  • 相談事例の掲載について希望されていない方の事例は掲載しておりません