〔事例23〕朝起きづらい 高校生

男性 18歳

主訴:朝起きづらい(起立性調節障害?)

手のひらに汗をかきやすい(常時)、便通正常、口内炎ができやすい、長身でやせ気味、花粉症持ち、麺など小麦粉類を好む、口周りにニキビ

舌証:舌苔薄、やや黄膩、紅点あり

今年大学受験を控えており、勉強に支障があると困るので何とか体質を改善したいと来られました。

起きづらいのは基本的に気虚が背景にあります。

さらに膩苔と手汗をかきやすいことから痰湿が存在しています。

手に汗をかきやすいのは脾に関係することも多く、まずは脾を補いながら気を増やし、余計な水をさばくことにしました。

補中益気湯ともう1種類配合してお渡ししました。

1週間後
「問題なく飲めているが、あまり変化は感じられない」

2週間後
「数日前から朝起きれるようになった」

1ヶ月後
「朝は起きられている。勉強に支障は出ていない」

その後も内容を若干変更しながら継続していただいています。

  • 体質や症状の程度により、使用する漢方薬や症状改善までの時間には個人差がございます
  • 相談事例の掲載について希望されていない方の事例は掲載しておりません